For the “Flight and Rescue” story available in five languages
English »
简体中文 »
Nederlands »
日本語
Русский »
ソ連の支配
難民に押し寄せる危険

1940年6月15日にソ連がリトアニアを占領すると、じきに、共産党はリトアニアの経済と政府の転換を始めました。不正操作された国民投票の結果、リトアニアは8月4日に正式にソ連に併合されることになったのでした。

新政権は、当時NKVDと呼ばれていたソ連の秘密警察を使って、右派も左派もかまわず、反共産党主義者を取り締まりました。ヴィルナとカウナスで政治活動を行っていた難民は身を隠し、偽りの身元を使うものもいました。永住の家もなく、職もなく、すべての難民は弱い立場に立たされていたのです。ソ連の国籍を名乗ることは比較的安全ではありましたが、多くの人は、自国に戻れなくなるのではないかという不安からそれをしたがりませんでした。その裏には、「不安定分子」としてシベリアならびに他の不毛地帯に送られる危険もはらんでおり、ソ連に占領されたポーランド東部に住む何万人という難民がすでにその運命に苦しんでいました。

「煙を感じました。一日中ソ連軍の戦車が通り過ぎてゆき、何かが起こる気配がしました。われわれ難民はただ震えているしかなかったのです。」

—ローズ・ショシャナ・カハン。1940年6月14日、ヴィルナにて

「逮捕は定期的に沈黙のうちに行われました。たいてい夜の闇にまぎれて行われたのです。まさに陰鬱な雰囲気がこの国を覆ったのです。」

—オーエン・ノーレム(米国領事)。1940年7月25日、カウナスにて
« BACK NEXT »